理想のご夫婦像

友人が平尾にある「聴雨庵」という素敵なお店に連れていってくれました。
ご夫婦二人でされているこのお店はお二人の美意識とおもてなしの心が、とても心地よく伝わってきます。デザートも全て手作りで、飲み物も丁寧に入れられ、そこから伝わってくる愛情のようなものが、自分を癒してくれてるなぁと感じさせるお店です。お店にいるいうより、お宅に招かれたような感じで過ごせます。奥様が心をこめてお料理を作り、ご主人が丁寧にコーヒーを入れる。「私の理想の夫婦像!」って言う人、多いかも。
今日は改めて「手作り」の温かさに気づかされました。特に女性は忘れてはいけないなぁ・・・・と。手作りのすばらしさを。。。
[PR]

# by iline21jp | 2005-07-01 23:56  

お見合い結果のYESとNO

日曜日ということでお見合いが多かった一日でした。お見合いが終わるとアイラインへ結果の報告を入れてもらうことになっています。初回、会ってみて、もう一度会ってみたいかどうかのお返事を訊くのです。そして両方とも会ってみたいというお返事だと双方にその旨を伝えると同時に、フルネームと連絡先をお知らせします。そして2回目からは自分達で連絡を取り合ってデートしてもらいます。アイラインでは、1回目のデート(お見合い)の時はフルネームと連絡先は開示せずにプライバシーを最大限、守った状態で会ってもらうようにしています。どちらかのお返事が、もう1度会わなくてもよいという場合には、お互いのフルネーム、連絡先を知らない状態で終わるということになります。お返事を正直に言ってもらってかまわないのが、結婚相談所の良さでもあると思います。誰かの紹介だったり、本格的なお見合いだったりすると、断りづらい状況も結構、多かったりするし、断る時、とても気を使うものです。アイラインでは、会員の方が余計なストレスを感じずに出会うことができるようにという点は、特に注意しています。今日は全てのカップルが交際成立という結果でした。こういう日は、とても嬉しくて正直「やったぁー!」という気分になります。でも1回目は、まだ単に「もう1度会いたい。」というYESなので彼氏・彼女になったわけではないから喜ぶのは早いし、NOでも、フルとかフラレタとかいう次元ではなく、ただ自分の好みではなかったというだけのことなので、落ち込む必要もないのです。
[PR]

# by iline21jp | 2005-06-26 23:50  

お見合い時の服装について

今日は面談時にお見合いの時の男性の服装のことが話題になり、そして明日、お見合いの女性からも服装の相談があったので、服装のことを書いてみようと思います。
男女とも共通しているのは
    ①清潔感があること。
    ②派手過ぎず、地味すぎを心がけること。    
    ③カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎず適度なおしゃれ感を演出すること。
この3点はまず基本。
男性の場合、普段、仕事の時、背広着用の方は、背広の方がベターです。あまり普段、背広を着ない方は、自分が一番似合うスタイルをチョイス。あえて背広にこだわらなくてもよいと思います。
女性の場合、やっぱり女性らしいスタイルがベター。パンツスタイルの時はスニーカー等、マニッシュにせず、サンダルやパンプス等、女性らしい足元にします。そして、肌の見せすぎに注意しましょう。キャミソールオンリーや、ミニスカートに素足は、自信があってもやめた方が無難です。(軽い印象を与えてしまう危険性大!)色は好みもありますが、明るい色がベターです。暗い色の場合は、小物等で明るさをプラスしましょう。(性格が明るい女性に見える等、メリットが多いのです。)あの「冬ソナ」のヒロインのなくしていた手袋が出てくる場面がありますが、あれはピンク色の手袋でした。これが黒だったり、茶だったりするとダメなんだなぁ・・・・(何を隠そう私は韓国ドラマにハマッテいます。)どんどん横道にそれそうなのでこの辺で。。。
[PR]

# by iline21jp | 2005-06-22 23:30  

初デートのお店選び

夕方、必要書類の提出で立ち寄った男性会員の方と、しばし雑談。
普通に恋愛はしてきた経験はあるものの、全く知らない人と二人きりで、お見合いという
形で会うのは、初めてという人は当然多いのです。そこで色々と質問が出てきます。
今日の質問は、「初めて会って食事をする時、どんなお店に連れて行ったらいいものか?」とてもよくある質問です。だいたい、いつも、こんなふうに答えていますので参考までに。
①混みすぎず、空きすぎず、落ち着いて話の出来る雰囲気のお店。
   テーブルとテーブルがくっつきすぎている店はNG。
   外から丸見えのガラス張りの店もNG。
   人気店でも待ってる人が並んでいるような所は落ち着かないので初回は避けましょ
   う。
   ガランとしている店は色んな意味で問題外です。
②多少、高級感のあるお店。
    初回は お互い当然いつもより、ちゃんとおしゃれをしてくるものです。そんな気持ち
   を高揚させる雰囲気といえば、あまりにも庶民的な店はNGなのです。
   これからラブストーリーが始まる・・・という期待感をつぶしてはいけません。
③やっぱり料理のおいしいお店。
   たまに、まずい店もあるので念のため。
   やっぱりおいしくないと話もはずまないですよね。

だいたい初回に行くお店は男性に決めてもらって、そのお店に近い場所でわかり易い所を
待ち合わせ場所に指定しています。
男の人も色々と大変。私も色んなお店を探検してできるだけ、こっそりと情報提供できる様に頑張ります!
[PR]

# by iline21jp | 2005-06-17 23:40  

カップルで観てほしい映画

今日は久しぶりに夕方から映画館へ。
「最後の恋のはじめ方」という映画を観ました。
ウィル・スミスが演じるのはデートコンサルタントを職業とする主人公ヒッチという男性。
恋愛下手な男性達に的確なアドバイスと演出術で憧れの女性の心を射止めるサポートを
していきますが、自分の恋はなかなか理論どおりにはいかず・・・・というラブストーリー。
(こんなに的確なサポートができたらすばらしい!と羨望のまなざしで見ていたということは置いといて)実は、とってもカップルで観てほしい映画だったのです。
ラブラブのお二人は勿論のこと、「まだ、実はデート2回目」くらいのカップルにもお薦めです!
お薦め理由①二人で顔を合わせて、笑い合える場面が多い。
          (時間を共有できないと意味がないのだ。)
お薦め理由②重過ぎない、悲しすぎない、グロテスクすぎない。
          (観終わった後、あくまでもハッピーな気分になった方がいい。)
お薦め理由③登場人物が、カッコ良すぎない。(美しすぎない。)
          (観終わった後、現実とのギャップがありすぎるとツライ。)
「スパイダーマン」なんかもこの条件をクリアしていると思います。
まだ恋人同士になっていない、微妙な時期に二人で観る映画って、ちゃんと選ばないと
失敗する危険性大だったりしますよね。
ちなみに私は若かりし頃、こわーい映画を一緒に観に行って、ちらっと見た隣の彼の
かなり余裕の横顔を見て
「けっこう男らしいんだ・・・」と惚れてしまった経験があります。(*>_<*)
[PR]

# by iline21jp | 2005-06-09 23:58  

マナー講座

今日は友人のNさんがマナー講座をするということで私も講座に参加してきました。
「日本人女性は、外国の男性からも人気があり、モテるけれど唯一、評判の悪い
欠点があるそうですが、わかりますか?」
というNさんの問いに、一同「???!」
答えは「集団になった時のマナーの悪さ!」だそうで・・・。
なるほど、思い当たるふしが・・・。
一人でいる時とうって変わってワイワイガヤガヤ・・・・
特に海外のブランドショップで集団で買い物をする様はいただけないとか。。。
今日は改めてお箸の正しい使い方をレッスン。
お箸使いがきれいなNさんは、とてもエレガント!(残念ながら?!既婚者)
「マナーとは相手を思いやる心の表現」そんな締めくくりの内容がNさんらしい
講座でした。
[PR]

# by iline21jp | 2005-06-06 23:55  

初回デートの過ごし方

入会時には皆さん色々と質問をされます。
今日は「1回目の最初のデートの時、どんなふうに過ごしたらいいか」という
質問を受けました。(よくある質問)
アイラインでは、初回の待ち合わせの日時、場所をセッティングして、あとは直接、
二人で、外でデートしてもらいます。
当然、どう過ごそうが自由なのですが暗黙のルールというか常識みたいなものがあります。
まず何をして過ごすのがベターかというとお茶するより食事をするのが望ましいと思います。

<第1の理由>として食事の方が色んな面で話題の糸口を探し易いということがあります。
食べ物の好みを訊いたり、郷土料理の話から出身地の話になったり、話が広がり易いからです。
<第2の理由>としてお茶するより時間をかせげます。
時間制限はないのですが、短すぎたら失礼だし、長すぎても疲れさせてしまいます。
正確に言うと30分位だと失礼にあたります。最低1時間は一緒に過ごすのが礼儀というものです。(お互い時間を作って、待ち合わせたわけですから。)
食事をすると、ちょうどいい具合に1時間から2時間がたちますよね。
<第3の理由>として食事の方が打ち解けやすいというメリットがあります。
食べるという行為はどこかしら気持ちが開放されるのでお互いに心を開きやすいからです。
「初めて出会って何をして過ごすのか」究極の結論は「話をして過ごさないといけない。」ということになります。
(話をするために食事をするというわけで、会話上手な人はお茶でも問題はないでしょう。)
ですから、いきなり映画館に行ったりしてはいけない・・・と思うわけです。
(充分、お話をした後、お互いに時間があったら別ですが・・・)
[PR]

# by iline21jp | 2005-06-04 22:51  

ブログタイトルの由来

幸せであり続けるためには、多少、努力が必要なことは誰でもわかっていること。
恋人同士でも、夫婦でも、お互いが幸せでいられるのは多かれ少なかれ、日々の
努力があればこそ。
でも努力という言葉で表現すると、ちょっと何かが違う。
私はこれを「幸せの舞台裏」と呼ぶことにしています。
幸せの舞台裏をきちんと持っている人は素敵な人が多い。
だから私は幸せの舞台裏がとても好きです。
しかも私の仕事場は、まさに多くの人のこの幸せの舞台裏なのです。
そして、その舞台裏から表舞台を見る時、自分のことのようにワクワクドキドキします。
幸せであり続けるための幸せの舞台裏。ふだん見える所ではないけれど、
ちょっとここで覗いてもらうのも悪くないかな・・・と思って
「幸せの舞台裏」というページを開設することにしました。
[PR]

# by iline21jp | 2005-06-02 21:00